おさんぽ●ぱぴこ

『伊勢原市』の魅力をお届けします!! 行ってみてほしい場所・オススメの場所・行ってきた感想など、みなさんと共有できたら嬉しいです。お気軽にコメントください♪

日の出を拝める【ほったらかし温泉】in山梨

朝4時からオープン~温泉に浸かりながら日の出をみよう~

f:id:osanpopapiko:20200816011259j:plain

いただきマーティーンでお馴染みのZIP朝ご飯ジャーニーで知った、こちらの観光地。

「ここ、いつか行ってみようね」

「仕事の先輩いわく、混んでるみたいやで」

・・・でも行きたい!ということで真夜中に出発して向かうことに♪

ほったらかし温泉へ《2020.8.14》

出発=1:00=

f:id:osanpopapiko:20200815204700j:plain

ほったらかし温泉は「温泉に浸かりながら日の出をみれる」ことで有名。

日が明ける前からかなり混むという情報を得ていたため、真夜中に出ることに。

途中コンビニに寄って飲み物やお菓子をGET。

旦那さんと交代しながら目的地ほったらかし温泉へ。

「夜に出るなんて、なんかいけない事してるみたい~」

「テンションあがるな!」

談合坂SA=2:20=

f:id:osanpopapiko:20200815205438j:plain

圏央道⇒中央道を通って、運転交代&休憩のため談合坂SAへ。

こんな時間なのに、たくさんの車と人です。

大きくて綺麗なSAで中にはフードコートもありました。

お手洗いもすごく綺麗で、安心して休憩ができます。

駐車場も広いので、車中泊している方もチラホラいたと思います。

ほったらかし温泉付近=3:00=

勝沼ICで降りて約30分でほったらかし温泉の近くに到着。

ぶどう園がたくさんある道を通って、山をどんどん上がっていく道のりです。

途中フルーツ公園を通り過ぎるんですが、真夜中でもライトアップされていて、とっても綺麗な景色を見ることができます。

f:id:osanpopapiko:20200815210550j:plain

ほったらかし温泉のオープンが日の出の1時間前ということで、専用の駐車場も時間にならないと入れず。

山道の途中でロープが引いてあり、時間になるまでは道に縦列して待つ状況でした。

ちなみに8月は日の出が5時頃ということで今回は3:20頃にロープが撤去されました。

ほったらかし温泉=3:30=

f:id:osanpopapiko:20200815211133j:plain

早めに出た甲斐があってほったらかし温泉の駐車場に4番手で入庫。

ただ、駐車場はかなり広い(笑)300台ほど停められるらしいです。

ちなみに料金はかかりません♪

 

この時間なので空いてるお店はなく、温泉の入浴券を券売機で購入し、野外展望・テラスでオープンまで待機。

f:id:osanpopapiko:20200815211927j:plain

テラスにはたくさんの椅子があります。

f:id:osanpopapiko:20200815212210j:plain

山梨市街の素敵な夜景を一望できます。

日の出まで1時間半ほどありますが、夜なので涼しく過ごしやすい上に綺麗な夜景に癒されるので、あっという間に時間は過ぎます。

f:id:osanpopapiko:20200815212523j:plain

お手洗いも近くにあり、意外と綺麗だったので気軽に行けました。

外で待つのが寒い方には

f:id:osanpopapiko:20200815212804j:plain

飲食スペースもあります。

ちなみに夏はかなり暑いので扇風機を設置してくれていました。

飲食スペースを出ると

f:id:osanpopapiko:20200815212855j:plain

顔出しパネルもあり、記念撮影にピッタリですね。

f:id:osanpopapiko:20200815213102j:plain

「いまか、いまか」と日の出を待っています。

あっちの湯・こっちの湯 オープン=4:30=

f:id:osanpopapiko:20200815213418j:plain

日の出前にようやく温泉がオープンです♪

「温泉に浸かりながら日の出を拝む」のがメインイベント。

オープンと同時にかなり混雑します。

 

日の出はあっちの湯からしか見れないようで、ほとんどの人があっちの湯に来ていました。

男性が7割ほどで、コロナ対策として?か入場制限されてしまいます。

ちなみに女性は入ることができていました♪

 

私たちは温泉、というより日の出を目的に来ていたためテラスでゆっくり過ごしていました(笑)

スタッフさんに聞いた話し、日の出が終わると温泉が一気に空くみたい。

ほったらかし温泉のもう一つの目玉、【気まぐれ屋の朝めし

f:id:osanpopapiko:20200815214655j:plain

まだオープン前で仕込み中です。

f:id:osanpopapiko:20200815214721j:plain

「早くOPENしやんかな~」とそわそわ。

こちらで朝食いただくのであれば「早めに並んだ方がいいよ」という情報も得たため、

日の出⇒朝食⇒温泉で決定。

朝食もかなり混むらしく、なくなり次第終了してしまうよう。

「絶対、朝食はGETしようね!」と意気込んで、日の出待ち。

日の出=5:30=

f:id:osanpopapiko:20200815214924j:plain

5:00頃から辺りは明るくなってきていて

「あれ?もう夜が明けた?日の出は?」

なんて思っていたら5:30頃にひょこっとお日様が山の上からこんにちわ

幻想的でやっぱり素敵だな~なんて思っている間にすっかり明けて。

f:id:osanpopapiko:20200815215517j:plain

とってもいい景色です。

気まぐれ屋オープン=5:30=

f:id:osanpopapiko:20200815215850j:plain

お待ちかね、気まぐれ屋の朝ごはん♪

オープン前に20名ほどずらりと列が。

そのあと、どんどん混んでいき行列になりました。

旦那さんに並んでもらって、早めに朝食をGET。

f:id:osanpopapiko:20200815220105j:plain

【朝ごはん 味噌汁セット】600円

f:id:osanpopapiko:20200815220232j:plain

【朝ごはん 豚汁セット】700円

 

シンプルな朝ご飯ですが、壮大な景色を見ながらの日本食。

シチュエーションが変わるとこんなにも美味しくいただけるんですね。

卵かけご飯も納豆を添えてさらに美味しさUPです。

 

本日は9時半頃には終了していました。

お昼はこれまた名物「伝説カレー」屋さんになるみたいです。

すっごくいい匂いがしてきていましたが、今回は断念。

 

あっちの湯 入浴=6:00=

f:id:osanpopapiko:20200815220953j:plain

旦那さんは睡魔がきたようで、車で仮眠。

その間に私はあっちの湯を堪能しに♪

6時頃は行列もなくなり、かなり空いてる雰囲気。

f:id:osanpopapiko:20200815221119j:plain

こちらが入口です。

入浴料は大人800円。「こっちの湯」も入浴したい場合はさらに800円が必要です。

中に入ると下駄箱があり、靴を脱いで脱衣所へ。

女性が手前、男性が奥に入口がありました。

 

脱衣所はたくさんの人が利用できるようにロッカーはたくさんありました

貴重品などお持ちの方用に「100円ロッカー」も完備されています。

温泉内は洗い場が20?くらいあり内湯もあります。

奥には絶景のみえる露天風呂が。

露天風呂は横長に広く、上には木の枠の温泉・下には岩の枠の温泉がありました。

 

とにかく、景色が本当に綺麗!!

「今までの温泉の中で1番好きな景色で気持ちがいい」

かなりオススメです。

6時頃だとすっかり明るくなっていますが、出てきたお日様が雲の間から後光がさして、なんとも言えない絶景。

1時間近くゆっくり浸かりました。

 

旦那さんは8時半頃に「こっちの湯」に入浴。

こちらも自然に囲まれた露天風呂になっていたようで

「モンスターハンターの世界みたいった」と話してくれました。

 

そのあと明るくなったほったらかし温泉での写真撮影を楽しみました。

f:id:osanpopapiko:20200815222551j:plain

こちらが入口の様子。

f:id:osanpopapiko:20200815222615j:plain

温泉の説明やどんな景色がみれるのかが書いてありました。

今度はこっちの湯も浸かってみたいです。

f:id:osanpopapiko:20200815222706j:plain

可愛い亀さんのオブジェと。

インスタ映えするポイントです。

f:id:osanpopapiko:20200815222808j:plain

ギャラリーがあるようですが、誰もいなく・・・

中に入る勇気がなく写真だけ(笑)

f:id:osanpopapiko:20200815222904j:plain

タクシー乗り場もありました。

歩いてこれる場所ではないので、車を持っていない方はタクシーという手もあるんですね。

軽食スタンド「桃太郎」オープン=10:00=

f:id:osanpopapiko:20200815223322j:plain

そして私たちにはもう1つ目的が。

それがほったらかし温泉名物の「温玉あげ」150円です。

f:id:osanpopapiko:20200815223611j:plain

衣にしっかり塩気があって中もトロトロで美味しいです。

こちらのお店、本日は10:00オープンだったのでそれまで仮眠をとりながら待ち続けました。

軽食屋なので温玉あげの他にも蕎麦やほうとう、ソフトクリームなども楽しめます。

 

待ってる間、暑すぎたので私たちは気まぐれ屋の前で売っているかき氷をシェアしました。

f:id:osanpopapiko:20200815223907j:plain

桃のかき氷抹茶のかき氷があります。(各1000円)

f:id:osanpopapiko:20200815224031j:plain

f:id:osanpopapiko:20200815224044j:plain

もちろん、山梨にきたら桃!

桃のかき氷をいただきました。

「クリームも甘くてかき氷と一緒に食べると最高!」

「桃は少しすっぱい部分もあるけど、暑い夏にはもってこいやな」

見た目も華やかで、幸せいっぱいでした。

 

この後は近くにある山梨県笛吹川フルーツ公園に寄り道しました。

papiko.info

こんな貴方にぴったり

■壮大な景色で心も身体もリフレッシュしたい方

■絶景温泉を求めている方

■朝活をしたい方

■ご当地グルメを楽しみたい方

 

私たちは日の出を目的に向かったんですが、その場合は4時半頃の到着でも良かったかも、と今となっては思います。

駐車場もかなり広いし、みんな温泉に入りに行くのでテラスはガラガラでした。

温泉に入って日の出をみたい方は日の出1時間前には到着するよう頑張りましょう(笑)

基本情報(2020.8.14時点)

【店名】ほったらかし温泉

【場所】山梨県山梨市矢坪1669-18

伊勢原駅から車で2時間弱。圏央道⇒中央道(勝沼ICまで)

【営業時間】日の出1時間前~22:00

【駐車場】300台ほど。

【キャッシュレス】現金(券売機)

■ほったらかし温泉 HP

www.hottarakashi-onsen.com

■気まぐれ屋

f:id:osanpopapiko:20200816001408j:plain

気まぐれ屋 /ほったらかし温泉/山梨

■桃太郎

f:id:osanpopapiko:20200816001605j:plain

桃太郎 /ほったらかし温泉/山梨